DEEP FRIED GHOST/JANE LOMBARD GALLERY/NY/2015.9.10-


Lecture of Phantom of Sculpture/KAAT/2015.7.26


スカルプチャーのオバケのレクチャー/ KAAT/2015.7.26


http://www.kaat.jp/d/sol

ALLNIGHT HAPS 2015「逆流」

▶第一期「逆流」

会期    2015年7月1日(水)〜10月31日(土) 会期中無休
企画    金氏徹平
出展作家  TV Moore森千裕カワイオカムラ小金沢健人藤澤信輔京都市立芸術大学彫刻専攻ゼミ1金氏徹平(会期順)


KAATキッズ・プログラム2015 おいしいおかしいおしばい 『わかったさんの クッキー』

おしばいは まほうのちから。
まほうをつかって ふしぎなたのしいおはなし 
「わかったさんのクッキー」が
おいしいおかしいおしばいになります。

○台本・演出:岡田利規
○原作:寺村輝夫(『わかったさんのクッキー』/あかね書房刊)
○美術:金氏徹平 (現代美術家)
○劇中歌作曲:前野健太 (シンガーソングライター)
○出演:椎橋綾那、古屋隆太、山崎ルキノ、笠木泉、佐々木幸子



 



原作:『わかったさんのクッキー』
寺村輝夫:作
永井郁子:絵
あかね書房刊


☆一般前売りチケットは、全公演完売いたしました。当日券の詳細は7/22までにお知らせします。☆

『わかったさん』シリーズ、初の舞台化
手掛けるのは、チェルフィッチュの岡田利規

現代日本の若者を先鋭的に表現し、ゼロ年代の代表として海外でも高く評価される演劇カンパニー『チェルフィッチュ』主宰の岡田利規。ユニークな身体表現とテキストで人気を集め、チェルフィッチュ以前・以後という文脈で語られるほど、新たな舞台芸術の旗手として注目を浴びる存在です。その岡田がこどものためのお芝居という新境地に挑みます。
 

不思議な魅力にあふれた、『わかったさん』シリーズ
誰もが一度は手にしたことのある児童書『わかったさん』シリーズ。こどものための舞台の題材として、岡田自らが『わかったさんのクッキー』に注目しました。自由な発想と個性的なキャラクターにあふれた『わかったさん』は、こどももおとなも魅了する、ユニークな世界観でみちています。
 

気鋭のアーティストが創りだす世界も魅力!
自由な感性にあふれた不思議な世界を、岡田利規と共に気鋭のアーティストが創りあげます。
海外でも数多く展覧会を催す現代美術家・金氏徹平が舞台美術を、新進気鋭のシンガーソングライター・前野健太が劇中歌をてがけ、岡田とともに「おいしいおかしいおしばい」の世界を創りあげます。岡田・金氏・前野それぞれが、今までの児童劇とは異なるユニークなアプローチで紡ぐ本作は、新たな視点でこどもの感性を刺激し育む舞台となることでしょう。
ぜひご期待ください。


 




台本・演出 : 岡田利規
演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰

1973年 横浜市生まれ。熊本市在住。ユニークな身体性と言語表現で、岡田以前以後で語られるほど高い評価を得る。97年演劇カンパニー チェルフィッチュを旗揚げ。05年『三月の5日間』で第49回岸田國士戯曲賞を受賞。07年クンステン・フェスティバル・デザールにて海外進出を果たし、世界70都市で上演。08年『わたしたちに許された特別な時間の終わり』で第2回大江健三郎賞受賞。小説家としても注目を集める。KAAT とは 11 年『ゾウガメのソニックライフ』、12年『現在地』、13年『地面と床』、14 年『スーパープレミアムソフトWバニラリッチ』をチェルフィッチュとして発表。
【WEB】http://chelfitsch.net/




舞台美術:金氏徹平
現代美術家

1978 京都府生まれ 京都府在住 
2001年ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(ロンドン)留学。2003年京都市立芸術大学大学院彫刻専攻修了。プラスチック製品やキャラクターフィギュアなどのおもちゃ、雑誌の切り抜き、シールなど身の回りにあるものを素材に、コラージュ的手法で制作を行う。2009年横浜美術館で、同館での史上最年少個展作家となる「溶け出す都市、空白の森」など国内での発表のほか、海外での個展や企画展も多数。近年では、シンガポールビエンナーレ2011、エルミタージュ美術館での企画展「Mono No Aware. Beauty of Things. Japanese Contemporary Art」(2013-14)参加、北京での個展「Towering Something」(2013、ユーレンス現代美術センター)など。また、2011 年『家電のように解り合えない』(作・演出:岡田利規、出演:森山開次)、2013 年、ARICA+ 金氏徹平『しあわせな日々』(あいちトリエンナーレ2013 にて初演)にて舞台美術を手がける。
【WEB】http://www.teppeikaneuji.com/




劇中歌:前野健太
シンガーソングライター

1979年埼玉県入間市出身。
2007年に自ら立ち上げたレーベル”romance records”より『ロマンスカー』をリリースしデビュー。2009年ライブドキュメント映画『ライブテープ』(松江哲明監督)に主演。第22回東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」で作品賞を受賞。2010年9月”Victor Entertainment”より発売された『新・人間万葉歌〜阿久悠作詞』へ参加。桂銀淑(ケイ・ウンスク)の「花のように鳥のように」をカバーした音源を発表。同作はitunseなどで配信限定リリースされる。2011年3枚目のオリジナルアルバムとなる『ファックミー』をリリース。同年、松江哲明監督の映画『トーキョードリフター』に再び主演。全国公開される。2011年末には第14回みうらじゅん賞を受賞。2012年auの新CM「あたらしい自由」篇に出演。2013年1月、ジム・オルーク氏をプロデューサーに迎え制作された4枚目のアルバム『オレらは肉の歩く朝』を発売。同年7月「FUJI ROCK FESTIVAL’13」へ出演。
【WEB】http://maenokenta.com/



▼スタッフ
衣裳:池田木綿子
照明:稲井田希
音響:稲住祐平
舞台監督: 鈴木康郎
演出助手:石内詠子
プロダクション・マネージャー:堀内真人
制作助手:福本悠美
プロデューサー:小沼知子
制作統括:崎山敦彦
宣伝原画:永井郁子
宣伝美術:金氏徹平
宣伝デザイン:阿部太一

助成:一般財団法人地域創造  
協力:プリコグ、急な坂スタジオ
主催・企画製作:KAAT神奈川芸術劇場


holes & buildings / KAAT 2015


LOGICAL EMOTION Zeitgenössische Kunst aus Japan Kunstmuseum Moritzburg Halle (Saale)



 

LOGICAL EMOTION

Zeitgenössische Kunst aus Japan

23. Mai - 26. Juli 2015

Veranstaltungsort
 
Kunstmuseum Moritzburg Halle (Saale)
Friedemann-Bach-Platz 5
06108 Halle (Saale) 
www.kunstmuseum-moritzburg.de

GLASSTRESS 2015 GOTIKA COLLATERAL EVENT OF THE 56TH INTERNATIONAL ART EXHIBITION / BIENNALE ARTE 2015





http://www.glasstress.org/event_2015/16

ザ・コンテンポラリー1 われらの時代:ポスト工業化社会の美術 2015年4月25日(土) - 2015年8月30日(日)/金沢21世紀美術館


https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1724

Teenage Fan Club #63


| 1/10PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2015 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM